ホーム大学案内理事長、学長の新春ごあいさつ(令和3年1月1日)
理事長、学長の新春ごあいさつ(令和3年1月1日)
理事長

公立小松大学 理事長 石田寛人新年おめでとうございます。
公立小松大学は、この正月で、開学4年目に入り、4月には入学生を迎えて4年次にわたる学生が揃い、制度上の完成年度に入ります。ここまで歩んで来られたのも、小松市民と南加賀の方々、そして石川県民の温かい御支援、小松市、石川県、文科省、総務省をはじめとする関係御当局の御高配あってのことであり、厚く御礼申し上げます。この間、私どもは、足許を踏み固めるようにして進んで来ましたが、昨年は、春以来の新型コロナウイルスの影響を大きく受け、前期はほとんど遠隔授業に頼らざるを得ない状況となりました。現在進行中の後期は、さらに三密をさけるための工夫をこらしつつ、可能な限り対面授業を行うとともに、一部オンライン授業を行っております。そんなことで、学生の皆さんには勉学上多くの不便をかけ、また教職員各位には格段の工夫と尽力をお願いしてきましたが、その甲斐あって、コロナ感染者を出さずに今日を迎えることができました。多くの組織で、懸命の努力にもかかわらず、感染者、陽性者が出ている状況からすれば、我々は幸運にも恵まれたと言えましょう。運命は変転極まりなく、時には思いがけない幸いを、時には大きな厄災をもたらします。我々は、この地上に生存する限り、さまざまな運命に見舞われることを客観的に冷静に受け止めるすべを心得なければなりません。同時に、この世にある者として、そんな運命を切り開き、生きる意義を全うする懸命の努力を続けなければなりません。このコロナの大流行に見舞われたことと、その対応に力を振り絞ることによって、我々は、さらに力強く生きる集団に成長しつつあると確信します。今から1年余り先に卒業する本学一期生が、そのようなたくましい人間として、立派な人格と知性で社会に貢献することを念願し、さらに教育研究とその環境整備に微力を尽くすことを誓って、年頭の御挨拶に替えさせていただきます。

学長

公立小松大学 学長 山本 博 新年あけましておめでとうございます。
 今年、公立小松大学はいよいよ完成年度を迎えます。すなわち、一期生が最終学年に入り、銘々が就職、大学院進学など人生のつぎのステップへと踏み出す、そういう節目の年になります。これを期に、公立小松大学は、大学院の設置申請も行い、さらなるパワーアップをめざします。この年が、完成年度を飾るにふさわしい、有意義で充実した一年であった、と評価されるよう、職員とともに尽力して参ります。
 さて、今年の干支―辛丑にちなんで申しますと、仏教の分野で『十牛図』というのが古くから知られています。牛は禅の悟りの象徴とされ、牛とともに登場する童子は修行者と見立てられます。十は、牛の頭数でなく、牛と童子の関係になぞらえた人の心の発達の十のステージを示します。第一の図は、尋牛(じんぎゅう)とよばれ、童子が牛を尋ねて旅に出る様が描かれます。第二の図は、見跡(けんせき、または、けんじゃく)。牛の姿は見えないのですが、牛の足跡が発見されます。第三図、見牛(けんぎゅう)では、牛の姿がかいま見られるようになり、第四図、得牛(とくぎゅう)で、童子はとうとう牛をつかまえるに至ります。が、まだ力づくでないと暴れる牛を抑えられません。第五図、牧牛(ぼくぎゅう、または、ぼくご)に至りますと、牛は相当に手なづけられ、第六図、騎牛帰家(きぎゅうきか)の段階になりますと、人牛一体の境地に達し、童子は牛の背に乗り、笛を吹きながら、自在に牛を操って、凱旋するかのように、家へ帰ります。古来、騎牛帰家は、掛軸や置物の題材にとりあげられてきていますから、ご存知の方も多いはずです。この後、さらに高度な段階を経、最終の第十図、入鄽垂手(にってんすいしゅ)では、悟りを得た童子は布袋和尚の姿になり、別の幼い童子と向き合います。
 段位がちょうど十段まであることから、十牛図は、武道の世界でも用いられてきました。たとえば、弓聖と称えられた弓道家の阿波研造先生は、弓の道の教えを十牛図を用いて説いています。
 以下は私見ですが、科学的な観点から見ますと、十牛図の背景には、人類が野生の動物を家畜へと飼いならすことに成功し、それを生活、文明の基盤としてきた過程が潜在しているように思われます。また、十牛図における牛は真理を、童子は真理を探究する科学者を彷彿させますし、第十図で新たに幼い童子が現れることは、再生、次世代の育成、あるいは持続を示す点で、教育ということのあるべき姿を教えているようにも思えます。
 このように十牛図は、それを観る者により、多様な意味と価値を示し、また、自分がどの段階にあるかを顧みさせ、さらにつぎの段階へと目指させる、鏡のようなはたらきもする点で、たんなる絵にとどまらない、東洋の叡智のように思われることであります。
 大学という機関は、様々なステージにある老若男女によって構成され、また、大学の活動を見ましても、新旧様々な分野で、完成度の高いものがあったり、試行錯誤があったり、それらの中間があったりします。令和辛丑、公立小松大学のすべての職員学生が、十牛図のサイクルのように、つぎの段階へと着実に進み、大学総体としても順調に発展を遂げる年となるよう祈念し、年頭のあいさつといたします。