ホーム大学案内 > 教育情報の公表
大学案内
教育情報の公表
1)大学の教育研究上の目的に関すること
大学の教育研究上の目的
大学の概要(理念・目標、沿革等、運営機構)
2)教育研究上の基本組織に関すること
(3)人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的(概要)
【生産システム科学部生産システム科学科】
地域社会の様々なニーズに応えながらも、循環型社会実現のための生産システム構築を目指す技術者の育成と、関連分野で世界をリードする研究開発を行う。

【保健医療学部看護学科】
実在または潜在する健康問題を抱える対象の反応をアセスメントし、その人にとって望ましい看護ケアの提供の実現に向けて、病を抱える人や老いを生きる人の心身の痛みに共感できるしなやかで繊細な感性と、人としての深さを併せもち、幅広い領域で求められる看護ケアを的確かつ柔軟に提供できる看護専門職業人を育成する。

【保健医療学部臨床工学科】
高度化する医療技術と多様な医療環境の中でチーム医療の一員として、より安全で的確な医療技術の持続的提供と、社会に対する幅広い視野をもち、地域における保健医療福祉の活動に貢献できる基本的能力を持つ臨床工学技士および臨床工学教育・研究者を育成する。

【国際文化交流学部国際文化交流学科】
人文・社会科学系の総合学部として、外国語力をベースとした国際社会に対する知識と国際感覚を備え、強い人間力と豊かな知性・感性をもって地域社会の創生と我が国の持続的発展に貢献できる人材を育成する。
(4)3つのポリシー
3)教員組織、教員の数並びに各教員が有する学位及び業績に関すること
4)入学者に関する受入方針及び入学者の数、収容定員及び在学する学生の数、卒業または修了した者の数並びに進学者数及び就職者数その他進学及び就職等の状況に関すること
(2)入学者数
5)授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画に関すること
(1)授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画(シラバス)

シラバス

平成30年度学年歴 [PDF, 88KB]pdf
6)学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定にあたっての基準に関すること
成績評価の方法
授業科目を履修し、その試験等に合格した学生に単位が与えられます。
試験成績は、S、A、B、C又はDで判定し、S、A、B及びCを合格とします。
※S:100点~90点以上、A:90点未満~80点以上、B:80点未満~70点以上、C:70点未満~60点以上、D(不可):59点以下
卒業認定の方法
学長は、本学に4年以上在学し、所定の教育課程を修了した者に対して、教授会の議を経て、学長が卒業を認定します。
卒業要件
各学部で卒業に必要となる卒業要件単位数は、次のとおりです。
生産システム科学部 生産システム科学科
共通教育科目専門基礎科目専門共通科目専門科目外国語科目合計
38単位以上 20単位以上 34単位以上 32単位以上 - 124単位以上
保健医療学部 看護学科
共通教育科目専門基礎科目専門共通科目専門科目外国語科目合計
31単位以上 25単位以上 - 71単位以上
※保健師選択者は86単位以上
- 看護師:127単位以上
保健師:142単位以上
保健医療学部 臨床工学科
共通教育科目専門基礎科目専門共通科目専門科目外国語科目合計
38単位以上 47単位 - 46単位以上 - 124単位以上
国際文化交流学部 国際文化交流学科
共通教育科目専門基礎科目専門共通科目専門科目外国語科目合計
37単位以上 12単位以上 - 54単位以上 24単位以上 127単位以上
各授業の履修基準
シラバス
教育方法、履修指導方法及び卒業要件
教育方法、履修指導方法及び卒業要件 [PDF, 584KB]pdf
授与学位
授与学位
取得可能な資格(受験資格を含む)
保健医療学部 看護学科
看護師国家試験受験資格、保健師国家試験受験資格(選択制)
保健医療学部 臨床工学科
臨床工学技士国家試験受験資格
7)校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育研究環境に関すること
8)授業料、入学料その他の大学が徴収する費用に関すること
9)大学が行う学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援に関すること
(1)学生の修学、進路選択及び心身の健康に関する大学の取組状況
キャリアサポートセンター
保健管理センター
国際交流センター
(2)障がい学生支援に関する大学の取組状況 ※準備中
10)教育上の目的に応じ学生が修得すべき知識及び能力に関する情報