ホーム大学案内 > 理事長、学長あいさつ
大学案内
理事長あいさつ

公立小松大学 理事長 石田寛人  みなさま!公立小松大学のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 平成30年4月に開学した公立小松大学は、足許を踏み固めながら歩む日々を重ねて、いよいよ制度上の完成年度を迎えました。今年度も、引き続き、地元に根付きながら、全国と世界に開かれ、力強く発信していく大学であるように全力を尽くします。
 一年以上にわたって、世界中に猛威を振るう新型コロナウイルスに対しましては、大学としてまん延防止に全力を尽くし、本学学生、教職員、さらには大学の活動を支えて頂いている多くの方々の感染を防ぐべく、最大限の努力を続けます。
 本学は、これまで、学生に対して良好な学びの場を提供できるよう力を尽くして参りました。今や、コロナに対応しうる授業の態勢が構築されています。もちろん、いかなる意味においても油断があってはならず、このパンデミックが一日も早く収束するよう、日々気持ちを新たにしていきたいと思っています。
来年の3月には、本学初の卒業生が学窓を後にします。就職に関しても、万全の準備態勢を整えており、明るい見通しが開けつつあります。
 みなさま、江戸時代から育んできた学問の伝統の上に、近代産業と未来技術が花開くこの地で、年一年と進展を続ける公立小松大学を、どうかよろしくお願い申し上げます。

略歴
1941年 東京都生まれ(小松市出身)
1964年 東京大学工学部原子力工学科卒業
1964年 科学技術庁入庁
1968年 米国イリノイ大学大学院留学
1991年 科学技術庁原子力局長
1995年 科学技術事務次官
1999年 駐チェコ共和国特命全権大使
2004年 金沢学院大学学長、金沢学院短期大学学長
2011年 公益財団法人本田財団理事長(在任中)
2014年 公益財団法人前田育徳会理事長(在任中)
2018年 公立大学法人公立小松大学理事長

>>新春ごあいさつはこちら

>>過去のあいさつはこちら

>>2021年度入学式式辞

学長あいさつ
Treasures Within

公立小松大学 学長 山本 博   標題の Treasures Within は、ユネスコ「21世紀教育国際委員会」がレポートに付けた副題THE TREASURE WITHIN を改変引用したものです。  学生の皆さん一人一人がもつ、志や能力、資質。それは、宝石の原石のようなものです。学ぶとは、それに気づいたり、それを磨き上げたりするプロセスにほかなりません。公立小松大学は、どの学部学科にも課題解決型学修プログラムを設け、課題への取り組みを通してアクティブ・ラーナーの育成を図ります。科目名でいいますと、生産システム科学部の「課題探求プロジェクト」、保健医療学部の「看護未来創出科目群」と「医用システム工学実習」、国際文化交流学部の「地域実習」などです。これにより、主体的な学びの姿勢、習慣を身につける。すると、社会に出ても、つよく生き抜くことができます。
 Treasures Within、地域にも宝が潜んでいます。公立小松大学が立地する小松市は、「産業都市」、「文化都市」、「健康長寿都市」、「国際都市」、「教育都市」など、すでにいくつもの「顔」をもっていますが、一方で、高齢化と次世代育成、資源活用と持続可能な発展など、日本や世界の他地域にも共通する課題を抱えています。地域と協働して、潜在する課題や特色を掘り起こし、解決や新しい情報の発信につながるなら、地域も光る。それは、将来および日本と世界の他地域にも通用、波及しうることです。
 今後は、グローバルにもローカルにも考え行動できることが重要になります。新型コロナ感染症のようなパンデミックに遭遇した場合にも、国際協調や地球環境の持続可能性とともに、身近な生活圏を脅かすリスクの予見と備えもますます重要になってきました。
 前途有為の皆さんと力を合わせ、公立小松大学を世界に輝く Treasure としたいと思います。

略歴
1949年 小松市生まれ
1975年 金沢大学医学部卒業
1978年 富山医科薬科大学医学部助手
1985年 東北大学医学部助教授
1990年 金沢大学医学部教授
2014年 金沢大学理事(国際・附属病院・同窓会担当)・副学長
2018年 公立小松大学長

>>新春ごあいさつはこちら

>>過去のあいさつはこちら

>>2021年度入学式告辞