ホーム大学案内 > 大学の理念と目的
大学案内
基本理念

公立小松大学は地域における教育、研究の中核的拠点として、以下の基本理念を掲げ、その役割を果たしていきます。

○ 地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル人材を育成する大学

○ 持続的発展に向けて生産システムや人間の健康医療の科学技術を革新し、異文化交流を推進する大学

○ 地域に対して貢献し、地域によって支えられ、地方を共創する大学

世界×地域 = グローカル

大学の趣旨

少子高齢化、グローバル化、技術革新など私たちを取り巻く社会や環境はめまぐるしく変化しています。急速に変化する今日の社会のニーズに的確に応えるため、この度、現小松短期大学、現こまつ看護学校を再編・統合し、新たに公立小松大学を設立します。
公立小松大学は、「生産システム科学部」、「保健医療学部」、「国際文化交流学部」の3学部からなる総合大学です。南加賀地域の学術・文化・産業の持続的発展と地域における教育研究の中核的拠点の形成を目標としています。
公立小松大学では、4年間の教育課程の中で、地域の自治体や企業と交流・連携した教育を実施し、確かな基礎知識と国際的な視野、高度な専門能力と応用力を有し地域と世界で活躍する専門職業人を育成します。

教育理念

○ 確かな基礎知識と高度な専門能力の修得に向けた主体的な学びと組織的な教育

○ 人間・社会・自然と科学技術の発展を総合的に捉える先駆的な科学教育

○ 人間性豊かな市民、応用力のある専門職業人、グローカル人材を育成する地域と協働した教育

大学の教育研究上の目的(学則第1条)

公立小松大学は、広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究することにより、地域と世界で活躍する人間性豊かなグローカル人材を育成するとともに、地域との共創による教育研究を通じ、地域への貢献と社会の発展に寄与することを目的とする。

シンボルマークについて
シンボルマークについて


公立小松大学のシンボルマークは、宇宙飛行士で公立小松大学の学長特別補佐の山崎直子さんに監修をお願いしました。
コンセプトは以下のとおりです。

【コンセプト】
「知性や精神を表す青色」と「安定や無限を表す黒色」は、公立小松大学の目指す「こまつから未来へ」という方向を示しています。
そして、宇宙の中を廻る青く輝く地球を連想されるものでもあります。
地域と連携し、広い視野をもちながら未来を拓く人材が、公立小松大学で育つことを祈念しております。

学長特別補佐 山崎 直子
キャンパス紹介