ホーム学部・学科 > 共通教育科目
共通教育科目
共通教育の概要
幅広い教養と基礎的能力、豊かな人間性を培います。

全学部共通で基礎となる知識、能力を確実に身につけるために必要となる幅広い知識、洞察力、思考力、理解力を養います。これらの能力を獲得するための幅広い分野の科目を「導入科目」、「一般科目」、「英語科目」、「その他外国語科目」の4つのカテゴリに分類し、全学部1・2年次に「中央キャンパス」で学びます。
 異なる学問分野の学生が同じ空間で学習することで、交流の幅が広がり、自身の専門分野を取り巻く状況を広く理解し、専門教育に多面的な角度から取り組むための視野と思考力を育むことを目指します。

導入科目 大学での学習をスタートさせるにあたって必要となる基礎知識やスキルを学びます。
一般科目 人間力 人間の思考や行動、文化について学び、コミュニケーション能力、表現力の養成を通じて豊かな人間性と国際的な視野を養います。
社会力 政治、経済、法などの社会システムに関する基礎知識を学び成熟した社会を構成する一員としての倫理観と社会全体を広く見渡す視野を養います。
科学力 科学技術の発展による生命、環境、エネルギーの進歩や高度情報化に関して学び、社会の発展がもたらす恩恵と今後の課題について未来の社会のためより良い選択肢を科学的知見に立って検証・分析を行うことで、課題解決のための合理的、批判的思考力を養います。
健康と体力 自らの健康に対する理解を深めると同時に、生涯を通じてスポーツや健康づくりを楽しむための意識を涵養します。また、団体競技を中心に取り組むことで協調性、コミュニケーション能力の向上を図ります。
英語科目 国際社会のコミュニケーションツールとして多くの場面で必要とされる英語を1~2年次にかけて学ぶことで、実践的運用能力を確実に身につけます。
その他外国語科目 中国語、ロシア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語から選択し、基本的な文法とコミュニケーション能力の修得を目指します。
特色ある授業
キャリアデザイン・チーム論(必修科目、1年次前期前半に開講)
これから学ぶ知識や能力を卒業後の進路にどう結び付けていくか、専門教育の動機づけのための授業として位置づけています。また、社会人に求められる協調性やスキルを身につけます。
アカデミック・スキルズ(必修科目、1年次前期後半に開講)
大学の学びに必要な基礎的スキルであるノートの取り方、資料収集法、資料整理法、レポート執筆等のアカデミック・スキルズの養成を図り、これから本格化する専門教育を効率的に進めていくための準備を行う授業です。
中央キャンパスで共通教育をスタート
専門性を育む3つの学問領域