ホーム学生生活 > 授業料・奨学金
学生生活
入学料・授業料
学納金
学部生産システム科学部保健医療学部国際文化交流学部
入学料 ※1 (市内学生) 282,000円 ※2
(その他)  423,000円
(市内学生) 282,000円 ※2
(その他)  423,000円
(市内学生) 282,000円 ※2
(その他)  423,000円
授業料 585,800円 (年間) 585,800円 (年間) 585,800円 (年間)
実習費 ※3 50,000円 50,000円 -
初年度
合計額
(市内学生)  917,800円
(その他)  1,058,800円
(市内学生)  917,800円
(その他)  1,058,800円
(市内学生)  867,800円
(その他)  1,008,800円
※1 納入した入学料は返還いたしません。
※2「市内学生」とは、以下の通りです。
・入学者本人が、入学前年の4月1日以前から引き続き小松市内に住民登録があり、かつ現に住所を有している方
・入学者本人は、小松市内に住民登録も住所も有していないが、その保護者が入学前年の4月1日以前から引き続き小松市内に住民登録があり、かつ現に住所を有している方
※3 実習費には施設管理費等が含まれています。実習衣、教科書代等は含まれていません。
また、国際文化交流学部の「海外語学研修」、「異文化体験実習」を履修する場合は、参加にかかる費用が別途必要になります。
納付方法
入学料および1年次前期授業料は納付書による支払となります。1年次後期以降の授業料については口座振替となります。
入学料減免措置
入学料の減免を希望する者は、下記「入学料の減免について」を確認し、必要書類等を提出してください。
要件等
入学料の減免について[PDF, 112KB]pdf
授業料減免措置(修学支援新制度)
概要
2020年4月から、国の施策「高等教育の修学支援新制度」により、日本学生支援機構(JASSO)による給付型奨学金の拡充および新しい授業料等減免制度がはじまります。
本学はこの制度の対象として文部科学省から認定されました。
高等教育の修学支援新制度の対象機関(文部科学省ウェブサイト)link

[公開資料]
大学等における修学の支援に関する法律第7条第1項の確認に係る申請書link
支援内容

1.給付型奨学金の支給(日本学生支援機構)
2.入学料及び授業料の減免

日本学生支援機構の給付型奨学金に採用された方が授業料等減免の支援対象となります。
本制度の支援対象者の認定要件は、給付型奨学金と授業料等減免で同一ですが、給付型奨学金と授業料等減免それぞれの申請が必要です。

支援対象者
非課税世帯またはそれに準ずる世帯

収入の基準に該当するかどうかを日本学生支援機(JASSO)ホームページの特設サイト「進学資金シュミレーター」linkから確認できますので、新制度を希望される場合は、必ず申請前に保護者の方と確認してください。
※進学資金シュミレーション(シミレーションする→奨学金選択シミュレーション→給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け))
申請手続き
予約採用(対象者:入学予定者)

給付型奨学金については、在籍する高等学校等において申請してください。なお、スカラネット入力後の受付番号が表示された画面の写しは手続きの際必要となる場合がありますので、必ず保管しておいてください。入学料減免については、入学手続き書類等に同封する申請方法の案内をご確認ください。また、授業料減免については、入学後のオリエンテーション時にお知らせします。


在学採用(在学生)

在学採用は毎年4月、9月の2回募集予定です。なお、手続の詳細については、学内掲示板・ユニバーサルパスポート(電子掲示板)等にてお知らせします。

関連リンク
日本学生支援機構(JASSO)ホームページlink
文部科学省ホームページの特設サイトlink
奨学金制度
日本学生支援機構(JASSO)
第一種奨学生(無利子貸与)
 人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく就学困難な者
第二種奨学生(有利子貸与)
 人物・学業ともに優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学困難な者
学種・貸与月額
種別貸与月額貸与期間
第一種奨学生 自宅 20,000円、30,000円または45,000円 貸与開始の年月から卒業の最短年月までの期間
自宅外 20,000、30,000円、40,000円または51,000円
第二種奨学生 20,000円~120,000円(10,000円ごと) 貸与開始の年月から卒業の最短年月までの期間
※参考 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)link
その他地方公共団体や民間団体の奨学金
募集案内があった奨学金については、中央キャンパス2階の掲示板に掲示します。募集受付の時期は、奨学団体ごとに異なるので、十分確認してください。
奨学生の募集には、大学経由で行うものと奨学団体が直接行うものがあります。大学を経由せず直接募集を行う奨学団体については、各奨学団体等に直接お問い合わせください。