ホーム学部・学科/大学院・専攻大学院・専攻 > ヘルスケアシステム科学専攻
ヘルスケアシステム科学専攻

高度情報化・超高齢化の進行に相俟って今後予想される社会システムの劇的変化へ先進的かつ適正に対応するため、データ・情報の活用法に通暁し、生命倫理学に立脚した新しいヘルスケアシステムの構築や医療機器開発を担う人材を育成し、健康で幸福な市民生活の維持の追求に寄与し、地域・国際社会における持続性の向上に貢献します。

人材育成

これからの世界には、すべての人々が、危機を乗り超え、健康で豊かな生活を営み、優れた文化を展開し、人間的に魅力ある社会を持続的、安定的に維持することが、以前にも増して求められています。ヘルスケアシステム科学専攻では、生命倫理学に立脚したデータ・情報の新しい集積・活用法に通暁し、工・文分野の考え方も加えた幅広い展開力と社会実装力を備え、持続可能なコミュニティづくりや医療機器開発に貢献できる高度専門職業人の育成を図ります。また、将来の発展を担う研究者や教育者の養成も図ります。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

地域に根ざしたヘルスケアの体系的な構築や医療機器の開発をとおして、持続可能なコミュニティづくりに貢献できる人材を養成することを目的とし、つぎのような能力・資質を備えた入学者を求めます。

◯ 本学保健医療学部が授与している学位(看護学、臨床工学)を有する者及び、それと同程度の学力を有する人。
◯ 持続可能なヘルスケアを体系的に構築するための発想力、共鳴力、積極性、実行力、協調性を備えた人。
◯ 人々の健康と幸福に寄与するための高い志をもち、キャリアパスとして高度保健医療専門職業人・研究者、あるいは教育者としての未来像を明確に描いている人。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

以下のとおり設定し、専門共通科目・応用科目、専攻専門科目、修了科目を配置します。

◯ 過疎化、高度産業化などの社会要因や超高齢化などの生命要因に起因する医療・保健・福祉に関する課題を抽出し、解決への道筋を探る能力を修得する。
◯ 病院から在宅まで多様化する医療現場で求められるコミュニケーション能力や共鳴力を涵養し、全人的医療の基礎となる生命・医療倫理に関する知識と考え方を修得する。
◯ 未来の包括的体系的ヘルスケアの構築に求められる健康・医療データ・情報の活用法、医療技術・機器の知識とそれらを改良・開発するための能力を修得する。
◯ 持続可能社会の実現に資する、専門分野を超えて協働できる幅広い視野・識見と創意性を修得する。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

地域の健康と福祉の向上に資する学識、および、持続可能な社会の創出に貢献しうる能力を身に付けたと評価され、ヘルスケアの特定の課題に関する研究成果を纏めた修士論文が審査に合格した学生に修士(保健学)の学位を授与します。

◯ 地域および国際社会の保健・医療・福祉の向上に貢献できる専門的知識と人間力を備えていると評価できる。
◯ 地域と人々の健康の維持と回復に係る課題の発見と解決に貢献できる能力を身に付けたと評価できる。
◯ 持続可能な社会の実現に向けて、自専攻を超えた学びを行い、他分野とも協働していく幅広い探求心を備えていると評価できる。

カリキュラムマップ・履修モデル

カリキュラムマップ [PDF, 394KB]pdf

履修モデル1 [PDF, 222KB]pdf

履修モデル2 [PDF, 224KB]pdf

専任教員

専任教員一覧 [PDF, 79KB]pdf