ホーム学部・学科 > 保健医療学部 看護学科
保健医療学部 看護学科
人の心身の痛みに寄り添い、望ましい看護ケアを提供するための知識・技術を身につける

日本は世界でも類を見ない超高齢社会に突入しており、シニア世代が住み慣れた地域で、その人らしく安心して暮らし続けていけるよう、看護師は医療人として、医療・福祉・介護と連携を強化し、疾病の予防や健康の維持・増進を幅広く支援し、その人の「生活の質」の維持・向上に寄与していくことも重要な役割となっています。地域医療、そして地域に住まう人々の健康増進を幅広く支援できる看護師の養成のため、保健師課程を選択制として設けるほか、地域全体を見る視点、チーム医療の視点、在宅看護、個々人に対するフィジカル、そして、メンタルアセスメント力の修得など、公衆衛生、地域医療に関する看護教育を実施します。

学部長・学科長メッセージ

保健医療学部 学部長兼看護学科長 北岡和代 看護師や保健師をめざしている受験生の皆さんへ

私たちは、看護をこう考えています。
病をわずらい、からだの痛みにおびえ、こころが揺れ動いている人がいます。
私たちはその人に歩み寄り、からだの痛みから解放し、こころに平穏をもたらします。
看護の看は手と目から成っています。目でその人を優しく見つめながら、手でケアしていきます。万の力で、励ましていきます。
そして、再び未来を生きる希望をもってもらうのです。

看護は、他者の人生に深く関わり、自分自身もまた大きく羽ばたくことができる素晴らしい職業であると思っています。
私たちはそんな看護という職業に携わりたいと思っている仲間を増やすために、ここ小松の地に集結しました。

未来の看護のプロフェッショナルをめざす皆さんを、厳しく育てるつもりです。

地球上に生きるひとりひとりの幸せのために(保健医療学部看護学科 教員一同より) 

養成する人材像

養成する人材像人の心身の痛みに寄り添い、その人にとって望ましい看護ケアを提供する看護専門職業人の養成。

日本は、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。今こそ、看護師は病院の中だけの看護にとどまらず、地域全体を視て、シニア世代が住み慣れた地域でその人らしく安心して暮らし続けていけるよう、ますます活躍していかなければなりません。本学科では、人びとの健康回復、疾病予防、健康の維持・増進について、幅広くきめ細やかに支援できる看護師の養成を行い、『その人』がより豊かで、より幸せな人生を送ることができる地域医療の充実に貢献できる人材を創出します。
 

教育方針
カリキュラムのながれ
カリキュラムのながれ
保健医療学部 看護学科 カリキュラムマップ [PDF, 412KB]pdf
※保健師を選択した場合は、2年次後期から保健師養成のための科目が追加されます
教員紹介

保健医療学部 看護学科の教員紹介はこちら

取得可能な資格

看護師国家試験受験資格、保健師国家試験受験資格(選択制)

専門領域

基礎看護学、精神保健看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学

卒業後の主な進路

医療機関(病院、クリニック、診療所、訪問看護ステーション)、社会福祉施設、自治体、企業の健康管理部門など