ホーム学部・学科 > 保健医療学部 臨床工学科
保健医療学部 臨床工学科
高度な医療機器を駆使し、チーム医療の一員として、的確で安心・安全な医療を提供するための知識・技術を身につける

近年のめざましい医療技術の進歩により、高度化、高機能化した医療機器が次々と開発され、医療現場に投入されています。それらを適切に管理し、医師の指導のもとで安心・安全な治療を提供するための「医療機器のスペシャリスト」として、臨床工学技士の役割が幅広い診療領域で求められてきています。今後ますます加速する高齢化社会において、在宅医療・介護連携の促進が重要な課題となっており、その医療提供の一つとして、生命維持管理装置やME機器などの高度医療機器を安全かつ効果的に使用していくための支援体制の整備が重要となっています。臨床工学科では、先端医療分野から地域・在宅医療連携まで幅広く活躍できる優秀な臨床工学技士の育成を図り、地域医療における課題解決に寄与することによって、人々の保健・医療・福祉の向上を目指します。

学科長メッセージ

保健医療学部臨床工学科 学科長 真田 茂  手術のときの生命維持装置って何?
 人工透析のときの血液浄化装置ってどんな仕組み?
 何かもっと良い方法は無いのでしょうか?――――これらは何れも臨床工学で扱う専門分野です。
 臨床工学科で取得できる国家試験受験資格・臨床工学技士は、生命維持装置を始めとする高度医療機器による治療の実践や機器の安全運用を通じて、医療現場の最前線で活躍する生命と向き合うプロフェッショナルです。最先端の高度医療機器を駆使する現代の医療において、医学と工学に精通した医療専門職として不可欠な役割を担っています。
 実は、臨床工学は比較的新しい医療技術科学の一つであり、本学科は国公立大学で初めての臨床工学科です。臨床工学技士の育成も然ることながら、国内外の大学院を経て研究者の途を目指すような、ひいては臨床工学の未来を牽引するような人材の育成にも大いに努めます。
 公立小松大学 保健医療学部 臨床工学科は、皆さんの"夢"を叶えます!

養成する人材像

養成する人材像高度医療機器による安全かつ的確な医療技術の持続的提供ができる基礎力、応用力と、医療人としての責任感や倫理観を備え、チーム医療の一員として他の医療職と連携しながら地域医療の高度化、発展に貢献できる臨床工学技士を養成します。また、新たな医療技術の発展に寄与するために、臨床工学の教育・研究者を目指す人を養成します。

教育方針
カリキュラムのながれ
カリキュラムのながれ
保健医療学部 臨床工学科 カリキュラムマップ [PDF, 196KB]pdf
教員紹介

保健医療学部 臨床工学科の教員紹介はこちら

取得可能な資格

臨床工学技士国家試験受験資格

専門領域

人体の構造と機能、電気・電子工学、情報工学、医用生体工学、医用機器学、生体機能代行技術学、医用安全管理学

卒業後の主な進路

医療機関(病院、診療所)、医療機器メーカー、大学院進学など

Q&A

Q臨床工学技士の国家試験は難しいですか?

A普通に学修すれば難しいことはありません。国家試験の合格レベルは、本学科4年間の学修課程のゴールではなくて通過点の一つです。さらに広く深く臨床工学について学ぶことを楽しみましょう。


Q就職率は良いですか?

Aまだ卒業者が出ていないので推測ですが、就職を希望する人のほとんどが難なく就職できると考えています。その理由は、たとえば、医療機関での臨床工学技士の有効求人倍率は2.12と、ヘルスケアスタッフの中では看護師の2.69に次いで高い状況だからです(2014年データ)。また,医療機器関連企業への就職や、大学院への進学も大いに期待されます。


Q公立大学の臨床工学科というのは,他の教育機関と何が違いますか?

A地域の期待を寄せて設立された大学で学ぶことは、学生たちに学修への強いモチベーションを醸成させます。そして各自がキャリアを明確にデザインすることができます。たとえば、優れた臨床工学技士になって地域医療に尽くしたいとも実感できますし、あるいは学界や世界の医療を牽引するような臨床工学者になって地域の誇りとなりたいと率直に思うこともできます。