ホーム学部・学科保健医療学部 臨床工学科 > 教育方針(3つのポリシー)
保健医療学部 臨床工学科
教育方針(3つのポリシー)
入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

本学科の教育理念及び教育目標に共感し、本学科を成長の場としたいと願う次のような学生を求める。

○人の尊厳を重んじ、生命への高い関心と倫理観を有する人
○人の命に対して真摯に向き合い、病を抱える人の回復のために自らの持つ力を最大限に発揮して取り組もうとする人
○臨床工学を学ぶための理数系科目の基礎学力と、医療に関する高い学修意欲を有する人
○医療専門職の一員として、関連する医療職種を理解し、チーム医療や地域医療に貢献のできる資質を有する人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

より安全で的確な医療技術の持続的提供と、社会に対する幅広い視野をもち、地域における医療・保健・福祉の活動に貢献できる基本的能力を持つ臨床工学技士を育成することを目的として、以下の方針に基づき科目を配置し、教育課程を設定する。

○臨床工学技士に必要な医学の基礎知識を修得する。
○臨床工学技士に必要な理工学の基礎知識、能力を修得する。
○安心で安全な医療・保健・福祉を実践するための臨床工学技術を修得する。
○生命維持管理装置及び医用治療機器などの原理と操作、保守、点検に関する知識と能力を修得する。
○患者にとって安全で効果的な医療の提供と地域の医療・保健・福祉の課題解決に取り組むことが出来る能力、思考力を修得する。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

卒業までに所定の単位を修得し、本学科の養成する人材像に掲げる次の能力を修得した者に、学士(臨床工学)を授与する。

○医療従事者としての役割を理解し、人の生命と関わることへの責任感と倫理観を有している。
○臨床工学技士として必要な医学、工学に関する専門基礎知識を有している。
○臨床工学技士が使用する医療機器の構造と操作・保守・点検の知識と能力を有している。
○生命維持管理装置の安全で適切な取り扱いに関する知識、能力を有している。
○チーム医療の一員として、他の医療専門職の役割を理解し、協力して患者の視点に立った医療の実践に取り組むことができる。
○地域医療の現状や課題を的確に把握し、その課題解決に取り組むための知識、思考力を有している。