ホーム学部・学科 > 生産システム科学部
生産システム科学部
持続可能なものづくりを支えるための高度な専門知識と課題解決力を身につける

ものづくり産業技術の基盤となる機械工学とそれを制御する電子工学、電気工学、IoTとして幅広く展開するための情報工学を体系的に教育・研究します。農林業を含む地域産業の現状と世界の潮流を見越し、ものづくりと情報技術の活用により地域産業界の活性化に貢献することを目指します。


私が生産システム科学部を選んだ理由
学部長・学科長メッセージ

生産システム科学部 学部長 木村繁男「ものづくり」は人間の持つ創造力の発露です
 小松市が位置する石川県南加賀地域は世界的建機メーカーと関連する協力企業だけで100社 以上あり、他にも国内外で高いシェアを誇る機械や電子機器製造企業が多く集まる北陸地方の「ものづくり」集積地です。歴史的にみても、伝統工芸から鉱山や自動織機の開発まで「ものづくり」 の思想と技術がこの地に生きており、産業基盤の形成に大きな影響を与えてきたことがわかります。
このような南加賀の歴史と産業構造を踏まえて、本学部は「ものづくり」の世界的潮流である、環境にやさしい循環型社会実現のための生産システム開発と人材育成を目指します。そのためには、最先端の情報工学を活用したIoT(Internet of Things)※の知識が不可欠となります。本学部では「ものづくり」の基盤である機械工学を柱にして、情報工学や電気・電子工学の基礎もしっかりと学ぶことができる、他に類を見ない特色あるカリキュラムを用意しております。また、平成31年3月1日には、先端産業の集積地である米国シリコンバレーに公立小松大学シリコンバレーオフィスが開設されました。本オフィスを通してシリコンバレーでのインターンシップも可能です。
卒業後は、機械の設計、開発、生産からIT企業まで、幅広い業種への就職が期待できます。また、国内外の大学院へ進学し、関連分野の研究者や教育者になる道もあります。教員一同、「ものづくり」に興味ある学生をお待ちしております。公立小松大学生産システム科学部から、「ものづくり」 の先端技術を世界に発信していこうではありませんか。

※IoT・・・あらゆるものがインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービス
 

養成する人材像

養成する人材像地域に確固たる軸足を置きながら現代社会全体が直面している地球環境と高度情報化社会などの世界的課題の解決に向け、ものづくりの基礎となる機械工学、電気工学、電子工学、情報工学分野の専門知識・技能を広く修得し、種々の工学課題に対して多角的にアプローチできる能力を養成します。広い視野と高度な実践的スキルをあわせもち主体的、意欲的に地域社会と世界の持続的発展に貢献できるエンジニアを養成します。また、南加賀地域屈指のものづくり企業の集積地にキャンパスが位置していることから、地域企業と連携し、実際の生産現場で活用される技術に触れる機会を持つことで、学生自身の学習の意義と将来像を実感させます。
 

教育方針
カリキュラムのながれ
カリキュラムのながれ
生産システム科学部 生産システム科学科 カリキュラムマップ [PDF, 227KB]pdf
教員紹介

生産システム科学部の教員紹介はこちら

専門領域

機械設計学、機械加工学、電気・電子工学、情報工学、エネルギー工学、制御工学、ロボット工学


エネルギー・安全工学研究室
加工・材料工学研究室
ロボット機構学研究室
数理工学研究室
設計工学研究室
先進生産工学研究室
電気・電子システム研究室
光計測研究室
インテリジェント工学研究室

卒業後の主な進路

自動車関連企業、各種機械機器製造業、環境関連企業、電子・電気機器製造業、IT企業、情報サービス業、および大学院進学など