ホーム学部・学科生産システム科学部 > 教育方針(3つのポリシー)
生産システム科学部
教育方針(3つのポリシー)
入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

本学科の教育理念及び教育目標に共感し、地域と世界の産業に貢献しようとする次のような学生を求める。

○数学、物理など、ものづくりの仕組みを理解できる基礎学力を有し、機械、電気、電子、情報に関する知識や仕組みについて高い関心をもつ人
○サスティナブル(持続可能な)社会の実現を目指し、未来の生産システムの構築に強い意欲をもって取り組める人
○豊かな教養と幅広い人間性を備え、地域社会の持続的発展に誇りと喜びを持って貢献できる人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代社会の喫緊の課題である持続可能な社会システムを実現するためにも、ものづくり技術の基幹である機械工学と、電気・電子・情報工学の諸技術を有機的かつ体系的に修得させることが求められる。本学科の学生には、これらの諸技術を多彩に運用し、環境と社会に調和する新しい生産システム構築に向けて、地域社会と世界の持続的発展に貢献できる人材を育成するためのカリキュラム構成とする。

○工学や科学の基礎となる数学・物理学の応用力を修得する
○機械工学、電気・電子工学、情報工学を有機的かつ体系的に修得する
○諸技術を多彩に運用し、環境と社会に調和する新しい生産システム構築に向けて、地域社会と世界の持続的発展のための課題探求能力を修得する
○地域社会と世界の持続的発展のためのコミュニケーション能力を修得する

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学科の養成する人材像に基づき、地方と世界の持続可能な社会システム実現のため、以下の項目に挙げる学科共通及び各コースで教授する個別の専門能力を身につけた者を,環境と社会に調和する生産システムを構築できる人材とみなし、学士(工学)を授与する。

○幅広い分野の教養を身につけるとともに、工学や科学の基礎として重要な数学・物理学についての基礎的能力を有する。
○ものづくり産業技術の基盤となる機械工学、電気・電子工学、情報工学の基礎的及び専門的な知識を習得している。
○専門分野の技能を身に付け、修得した知識・技能を組み合わせて実践的に課題の解決に取り組むことができる。
○生産システムが果たす役割・使命を理解し、高い倫理観を備え、自然及び社会と共生するための仕組み構築に向けた知識を習得している。
○研究を推進するための、自主性、協調性、思考力、文章作成能力、発表・報告能力および国際的コミュニケーション能力を身につけている。

【生産機械コース】
機械工学、電気・電子工学、情報工学の基礎を身に付け、環境にやさしい生産システムを実現するための科学的思考力と基礎的実践能力を修得している。

【知能機械コース】
機械工学、電気・電子工学、情報工学の基礎を身に付け、高度情報化社会に適応した生産システムを実現するための科学的思考力と基礎的実践能力を修得している。