ホーム > NEWS 一覧 > イベント > 公立小松大学次世代考古学研究センター・セミナーシリーズ第3回「3D考古学の最前線」 【開催:7月6日(土)、申込締切:7月5日(金)】
  • 公立小松大学次世代考古学研究センター・セミナーシリーズ第3回「3D考古学の最前線」 【開催:7月6日(土)、申込締切:7月5日(金)】
     

     公立小松大学次世代考古学研究センターが主催するセミナーシリーズの第3弾として、今回は三次元計測をテーマとし、その活用が進む考古学研究、文化財、博物館それぞれの分野での最新の活用事例を紹介するセミナーを開催します。ご興味のある方はぜひご参加ください。

     

    ●日 時:2024年7月6日(土)13時00分~16時15分(12:45開場)

    ●会 場:公立小松大学中央キャンパス3階 305・306教室(小松市土居原町10-10)

    ●開催形式:対面およびオンライン

    ●参加費:無料

    ●使用言語:日本語

    ●主 催:公立小松大学次世代考古学研究センター

    ●プログラム

    12:45  開場

    13:00-13:05   開会の挨拶/山本 博 学長

    13:05-13:50  「3D考古学の実践と深化 ―悉皆的3D発掘・土器の新しい見方―」

    中園  聡 様(鹿児島国際大学 教授)

    13:50-14:15  「3D点群データによる遺跡調査と記録の革新」

    野口  淳(公立小松大学次世代考古学研究センター 特任准教授)

    14:15-14:30   小休憩

    14:30-14:55  「能登半島地震と被災文化財の3次元計測」

    中野 知幸 様(羽咋市教育委員会)

    14:55-15:20  「博物館における3Dデータ活用の工夫とその効果:京都文化博物館の事例」

    村野 正景(静岡大学 准教授 / 公立小松大学次世代考古学研究センター 特任准教授)

    西山  剛 様(京都文化博物館)

    中川 大輔 様(株式会社エリジオン)

    加藤  薫 様(ヤマハ発動機株式会社)

    15:20-15:35  小休憩

    15:35-16:15  質疑応答、ディスカッション/モデレーター

    モデレーター:関  雄二 様

    (国立民族学博物館 特定教授/名誉教授)

     

    ※詳細は下記URLとポスターをご確認ください。

    https://komatsu-u-ngas.jp/symposium/symposium20240706.html

    ポスター 2024-7-06 セミナーシリーズ第3回「3D考古学の最前線」.pdf

     

    ●申込締切:

    2024年7月5日(金)

     

    ●申込方法:

    下記URLよりお申し込みください。

    (※当日までに登録されたメールアドレス宛に参加用URLを送付いたします。)

    https://forms.gle/yaLyLafxLegrNwo26

     

    ●問合せ先:

    次世代考古学研究センター(担当:小川)

    メール:komatsu.ngas@gmail.com

     

         
  • NEWS 一覧 イベント ニュース 研究 入試