ホーム > NEWS 一覧 > ニュース > 11/14 中央キャンパスで世界糖尿病デーのブルーライトアップを実施しました
  • 11/14 中央キャンパスで世界糖尿病デーのブルーライトアップを実施しました
     

    1114日の「世界糖尿病デー」に合わせ、中央キャンパスのあるこまつアズスクエアの全面協力により、ブルーライトアップイベントを実施しました。

    世界糖尿病デーは、糖尿病治療に使うインスリンを発見したカナダ人医師フレデリック・バンティングの誕生日にちなみ、2006年に国連によって定められました。毎年1114日前後に、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発活動が行われています。

    現在、日本だけでなく世界的に糖尿病患者の増加が深刻化しています。地域の方々に、糖尿病予防や早期治療の大切さを知ってもらえるよう、本学でも予防に向けた地域連携活動に取り組んでいきます。

     

    _DSC1784.jpg

     

    _DSC1803.JPG

  • NEWS 一覧 イベント ニュース 入試 学内向け