ホーム > NEWS 一覧 > ニュース > 【継続申請】令和2年度後期 修学支援新制度による授業料減免の継続申請について
  • 【継続申請】令和2年度後期 修学支援新制度による授業料減免の継続申請について
     

     令和2年度前期に修学支援新制度に基づく授業料減免の対象となった方で、後期も継続して授業料減免

    を希望する方は、「継続申請」の提出が必要です。この案内を熟読の上、必ず期限厳守で手続きを行って

    下さい。

                    

    1 対象者

       令和2年度前期に修学支援新制度に基づく授業料減免の対象となった方

            

    2 申請方法等

       ・申請方法 以下2点の提出書類を全て揃えた上で、郵送または申請場所へ直接提出

       ・申請期間 令和2年9月4日(金)~9月25日(金)

       ・申請場所 中央キャンパス2階学生課

             窓口取扱時間 9:00~17:00 ※土日祝、全学休業日を除く

              

    3 提出書類

       ① (様式2)授免継続申請書.pdf

         各自で印刷(A4サイズ)を行ってください。印刷が出来ない場合は、その旨下記担当までご連絡

         ください。

       ② 長3サイズの封筒(結果返信用)

         長3サイズ(23.5×12cm)を用意して、84円切手を貼り、結果送付先の住所・氏名を記入する

         こと。

       ※審査を行う上で、上記以外の書類を求めることがあります。

            

    4 結果通知時期について

       10月~11月頃

       納付すべき授業料等がある場合(2/3減免、1/3減免、減免対象者としての効力の停止)には、結果

       通知とあわせて口座引落の案内を送付します。

            

    5 区分の変更について

        今回の申請は、令和2年度課税状況(2019年1月~12月での収入状況)で区分の判定をします。前期

       の結果は平成31年度課税状況(2018年1月~12月での収入状況)で区分の判定をしましたので、前期

       と区分(減免額)が変わる可能性があります。

                

    6 継続申請を提出しなかった場合について

        申請期限内に「継続申請」を提出しなかった場合は、授業料減免対象者としての認定の効力を停止し

       ます。つまり、令和2年度後期の授業料は減免されなくなります。期限経過後の提出は原則受理しませ

       んので、希望する場合は必ず申請してください。

               

    7 令和3年度前期授業料減免の「継続申請」について

        令和2年度後期も授業料減免され、令和3年度前期の授業料減免も希望される場合は、再度継続申請を

       提出する必要があります。忘れずに提出するようにしてください。

        申請期間については令和3年2月~3月頃を予定しております。詳細な日程については、後日本学ホー

       ムページ又はポータル等で周知しますので、各自確認してください。

        

              

    担当 学生課 0761-23-6610

  • NEWS 一覧 イベント ニュース 入試